Blog 日誌

日誌

オーダーでトレイをお作りできます🏍

こんばんは🌝

 

気がつけば年度末がやってきましたね。

この間あけまして〜なんて言っていたような気がしますが。

 

閉校記念式典から一夜明け、長男も春休みに入りました。

出かけることも億劫なこのご時世、早くも長男、退屈そうな様子を覗かせています。

果たして始業式まで持つのでしょうか、、、笑

 

さて、閉校記念品としても大好評だったレザートレイですが、こちらオーダーも可能です!

こちらはハーレーを描いたレザートレイ🏍

 

10cm×20cmの大きさで、鍵置き場などにもちょうどいいサイズです😊

 

 

特殊な絵の具で着色してあるため、色落ちの心配もございません🎨

 

輪郭はレザーバーニングにて描いておりますので、立体感のある仕上がりになります。

使うごとに味も出て、素敵な雰囲気に育って行きます。

 

バイクはもちろん、お車の鍵や家の鍵など、アクセサリー置き場としても活躍してくれること請け合いです🤗

贈り物にも最適なこちらのレザートレイ、こんな写真でもできるの?などお気軽にお問い合わせくださいませ✨


日誌

竹仁小学校閉校記念式典

こんばんは🌝

 

今日は、長男が一年間通った竹仁小学校の閉校記念式典がありました。

明治時代に開校し、なんと147年もの歴史があった竹仁小学校。

過疎化による人口減少などもあり、その長い歴史に今日、幕が降ろされました。

 

来年度からは、中学校内に新たに小学校舎が併設され、小中一貫校として再スタートを切ることになります。

 

今年度で定年退職される校長先生が作曲された曲を、地元有志によるオリジナルバンドが演奏し、在校生がそれに合わせて合唱をするという、

竹仁の竹仁による竹仁のための一回きりの合唱もありました。

いろんな方々の閉校記念式に向けた想いがまさに一つとなり、涙なくしては見られませんでした。

 

思えばたったの一年しか竹仁小学校との関わりはありませんでしたが、

逆にもし長男が一年産まれてくるのが遅かったとしたら、こんなに感動的で歴史に残る場面には立ち会えませんでした。

本当に貴重な経験をさせていただきました。

 

さらに大変光栄なことに、数ヶ月前にその閉校記念式典の記念品をスドウ雑貨店に作ってもらえないかとのお話までいただきました。

妻のレザーを使ってレザートレイを在校生、教職員の方々に作らせていただくという、身に余るほどのお仕事を経験させていただきました。

 

トレイの中には福富町の町花であるシャクナゲの花を描きました。

生徒数が少ないとはいえ数が膨大なため、夫婦で手分けしてシャクナゲを描きました。

福富町に移住してきてまだたった8年の若造に、こんな素敵な役を任せていただけるなんてとても光栄です。

と同時に、こういう形で学校行事に携われたことは、スドウ雑貨店としてとても貴重な経験となりました。

 

校長先生をはじめとする教職員の方々、地域のOBの方や様々な形で関わりのあった方、保護者の方々、

コロナ渦でなければもっとたくさんの人がこの式典にくるはずでしたが、

本当に竹仁って素晴らしい地域だなと再認識いたしました。

 

長男もおかげで立派に育っています。

ありがとう、竹仁小学校🏫


日誌

日記を書き始めて気づいたこと・よかったこと

こんばんは🌝

 

今日は、この雑貨屋とは程遠いような内容が多い日記を書き始めて、自分なりに変わったことや気づいたことを綴ってみようと思います。

 

・ネタのタネを探すためのアンテナが立ち始める

これは日記を書く方にほとんど共通することかと思いますが、毎日を過ごす中で面白かった出来事や、これってこうだよな〜なんて頭で考えたことなどを

夜日記にするために、思いついた時、気づいた時にその辺の雑用紙に書きとめたりするようになりました。

さらに内容のある日記にするためその思いつきや気づきを深めていくようにもなってきました。

 

そのメモを見返すと家事や寝かしつけなどが終わってから「さあ日記書こう」となった時、その時の気持ちをすぐに思い起こし言葉に綴ることができます。

こうして書いてみると至極当たり前のように思いますが、以外と難しかったり😂

 

最初のうちは「日記のためになんかネタを探さないと、なんかないか、、、」という感じでしたが、

やっとこの頃は「あ、これ書いたら面白そうだな、もうちょっと考えを深めてみよう」と、

考えたことが自然と日記につながっていくような感覚といいますか、

日記を書くためのネタ探し

から

思いや考えが発生してから、あ、これ記事にしよう💡という思考の順番になる日が増えてきました。

 

つまり日記をつけ始めてから、気づきが増えたし、考えたことを自分で深掘りできるようになってきたような気がしています。

 

そしてもう一つ気づいたこと

・アウトプットと言葉選びの練習になる

これも自分でも前より良くなった気がする!と感じる点です。

まだまだ言葉足らずで伝わりにくい言い回しもたくさんありますが、自分の持つ語彙力の再確認にもなるし、

「どういう言い方をしたら誰が見ても今日思った気持ちを共有できるだろう?」などと考えながら今こうして書いているんですが、

そうした時間も口下手な僕にとってはとても有意義な時間になります。

 

他にも色々メリットはありますが、思いを伝える練習になっていることは確かです。

一番大事なのは、何にでも言えることですが「続けること」これにつきます。

日が空いたりすることもありますが、無理のない程度にこれからも拙いブログを書き綴っていきますので、ぜひ引き続きご覧くださいね。

 


日誌

講演を聴いて

こんばんは🌝

 

昨日、東広島文化ホールくららにて開催された、東広島イノベーションラボ ミライノさん主催の斎藤幸平さんの講演会に行って来ました。

お恥ずかしながら斎藤さんのことを存じ上げなかったのですが、

タイトルの一部には「SDGsを疑え!」の文字が。

どうゆうことなんだろうと気になり、すぐ申し込みをしました。

 

SDGs=Sustainable Development Goals

持続可能な開発目標ってやつですね。最近はいろいろな場所場面で耳にする事が増えました。

2030年までにSDGsが掲げる17の項目をクリアできる世の中にしていこう!と世界共通認識で進められているこの目標。

僕もいい取り組みだなあと思っていただけに、そのタイトルにまず疑問を持ちました。

 

SDGsの取り組みそのものはとってもいい事だ、と斎藤さんもおっしゃっていました。

が、問題なのは、その言葉が免罪符のようにして販売している商品を買ってしまっていませんか?というところ。

斎藤さんが危ういとおっしゃっていたのは、SDGs関連を銘打った商品を買うことで、自分も取り組みに協力しているような気分になってしまうところ。

そして商品を売りたい企業の思う壺になってしまうことを危惧しておられました。

 

マイバッグやマイボトルなどももちろん持つに越したことはないけど、それが世の中に溢れ、やがて行き場をなくし海洋プラスチックのようになって海を漂うようでは本末転倒。

 

ではどうすればいいのか。

斎藤さん曰く、ものを作り続けないと成長できない今の社会のシステムそのものを変えるしか方法はないのだそう。(脱成長社会の実現)

それは大企業などに言える事だと思いますが、じゃあ個人でできることは何か。

 

まずは一人一人の幸せのあり方を考え直す必要があります。

ものをたくさん持つ事が幸せ、お金持ちが幸せ、流行の最先端にいる事が幸せ、などではなく、

「足るを知る」

ともおっしゃっていましたが、何もなくても幸せを感じられるような、

今一度「幸せ」ということの本来の意味を考え直す必要があるのかな、と感じました。

 

そして、そこからさらに行動に移すとすれば、

そういうことを推している政治家に投票したり、

むしろ自分が政治家になったり、

署名を集めて市や県、国に提出したり、

そういった大きな動きが必要。

 

なのですが、先ほどのSDGsに則った世に溢れている商品などを買ったりすることによって、そこまでしなくても自分はちゃんと協力している「気になってしまう」。

というのがタイトルの「SDGsを疑え」という真髄だったように感じました。

 

それ自体は悪いものではないですが、起こっていることの背景をしっかり考え、

本当に地球をよくするために行っているのか、

売るための免罪符として利用しているのかを見極める確かな目を養う必要がある、というか消費者としての責任でもあるとすら感じました。

 

そして僕自身ものを売っている人間ですから、その話を聞いた上で、

今後の雑貨屋としての商品の提供の仕方なども考え直す必要があると強く思いました。

 

あくまで悲観的な意味ではなく終始笑い声なんかも聞こえてきたりな中でしたが、

とても思慮深く、これからのあり方を深く考えさせられるとっても素敵な講演会でした😊


日誌

広島サイクルおもてなしスポットの幟を製作しました!

こんばんは🌝

 

今日は天気も良く、打ち合わせや手続きや買い物に行ったりと、いろんなところに走り回っていました🚗

さて、昨年末ごろから打ち合わせを続けて来た、

「広島サイクルおもてなしスポット」

の公式幟がついに完成しました〜!(パチパチ)

晴天によく映える自転車のマーク☆

こちらの幟が立っている店舗は、「広島サイクルおもてなしスポット」といい、

サイクルスタンドの設置や空気入れの常備、トイレの貸し出しや飲料用の水などの提供をしている店舗になります。

 

サイクリストにとって、これらの条件はとても重要だそうです。

そんなサイクリストの方達にとっての目印になるような幟になればとの思いで制作させていただきました。

 

これから暖かくなり、サイクリングにもってこいの季節がやって来ます🌸

サイクリストの方もそうでない方も、ぜひこちらの幟を目印に県央地域を巡って見ては!✨

 


日誌

内から出るもの、外から入れるもの

こんばんは🌝

 

昨日今日とぐずついた天気でしたが、いろんな方がお店に遊びに来てくれました☺︎

ありがとうございました☺️

 

このブログも見てますよ〜とのお声もいただき、あんまり見られてないだろうと言う気分で書いていましたので、

もうちょっとちゃんと、見た人にとって糧になるような記事を書こうと思いました。頑張ります💪

 

さて今日のお題に触れます。

 

「内から溢れ出てくるものしか自分のものではない」

とはよく耳にしますが、

皆さんは自分の内から溢れ出てくるどうしてもやりたい事などはありますか?

あったとして、それを思う存分発揮できていますか?

それとも、そんなものは自分の中にはない、と思っている方もいるかもしれません。

 

 

ここからは僕の妻の話。

妻は昔から物作りが好きだったらしく、学生時代にもとにかくいろんなものを作り続けていました。

表現したい事が本人の中にあり、それを「もの」という媒体を通して具現化する。

これってまさに内から出るやつですよね。

そして3児の母になった今も、レザーという媒体を駆使ながら表現を続けています。

 

僕はそんな妻を本当に尊敬しています。

 

 

じゃあ、自分はどうなのか。

油絵を描いたり、雑貨屋を経営したりしていますが、

僕は正直まだ「内から溢れるもの」というものにピンと来ていません。

これからもずっと来ないかもしれないし、特定の人にしか現れないものなのかとさえ思うこともあります。

チャレンジしてみたいなあと思うことはいろいろありますが。

 

だから僕は今は「外から入れる」ことを大事にしています。

いろんなジャンルの本を読み、知識を蓄え、そして吸収し、自分のものにする。

「入れ知恵」という言葉はしばしばマイナスな要素を含んで使われますが、僕は素晴らしい言葉だと思っています。

 

入れた知恵の引き出しが増えれば増えるほど、頭の中から生まれるアイデアは増えると思うからです。

そうして出て来たアイデアは自分が取り入れた知恵の賜物であり、

またそれは自分から生まれた所謂「内から溢れたもの」になると思います。

 

意味合いは違えど、そんな多様的な考え方でもいいんじゃないかな、人は一人一人違うし!

と思えたのがごく最近のこと。笑

 

隣の芝は青く見える。

妻にできない事ができる自分がいる事も確かな事。

そもそも比べたって仕方のないこと。

自分はそのままでいいんだと素直に受け入れられた時、次の一歩が見えるようになった気がします。


日誌

決断力と判断力

こんばんは🌝

 

今日は雨でしとしとな福富町☔︎

こんな日は家でのんびりに限ります☺️

家族で映画を見たりしながら過ごしました📺

 

さて今日は、「決断力」と「判断力」の違いについて。

皆さんは、この二つの言葉の意味の違いを説明できるでしょうか。🤨

もちろん、僕も答えることはできませんでした。

 

調べてみると、

 

決断力・・・はっきり決める能力。

 

判断力・・・物事を正しく認識し、評価する能力。

 

とありました。

一見似たように思いますが、以前聞いた講話の中で大変わかりやすいお話を聞いたので説明します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

例えば自分は会社のなかで最終決定権を持つくらいの役職の人だったとします。

会社の今後を左右するほどの大事な案件があり、会議の結果2通りの方法が考えられた。

一方は全社員のうち7割が賛成する案。

もう一方は3割が賛成。

 

判断力がある場合、もちろん7割の方を選ぶと思います。

それも間違ってない判断。

 

決断力のある人というのは、全体の意見を聞いた上で3割の方を選択する場合もあるような人のことを指します。

奇を衒うわけでもあまのじゃくなわけでもありません。

 

周囲のそういった状況の中でも、自分の決断を曲げない、

そして曲げなかった分責任を持って必ずやり遂げ、そっちを選んでよかったと思わせることができる人。

その責任を一手に背負う覚悟があることを「決断力がある」というのだと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちょっと付け足したりしてますけど、なるほどわかりやすい例えだと思いました。

ということは、決断力って「覚悟」とか「責任感」などとも結びつきますね。

 

もし実際に自分がそんな状況におかれたとしたら、周りに流されず自分の意見として言えるのか。

そこまでの大きな決断はなかなかないにしても、小さな決断は日常にたくさんあります。

ご飯何食べよう、どこに遊びに行こう、どんな服を買おう、などなど、、、

これらは「判断」するものではなく、自分で「決断」するものですよね。

 

こういった小さな決断の積み重ねによって実は決断力って鍛えられていくのかもしれませんね。

「人に委ねない」これが秘訣だと思いながら日々過ごしています😊

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます🙇‍♂️


日誌

油絵のモットー🖼

こんばんは🌝

 

今日も過ごしやすい1日でしたね😊

先日、取引先である旅館さんへ、油絵を納品させていただきました。

リクエストは「白百合」ということで、百合の花束を描きました。

大きさは額縁を含めおよそ35cmの正方形です。

飾る予定の壁も見せてもらっていたので、そこに合うイメージで描かせていただきました。

 

館内が華やかになり、お客様の気持ちが絵によってより一層癒されることを想像しながら描いたこの油絵。

きっと一役買ってくれることと思います。

 

こちらの旅館さまには他にも数点納品させていただいております。

ぼくが描いた絵を見たお客様が、見る前より明るい気持ちや晴れやかな気持ち、ポジティブな方向に変化することが僕の絵を描く一つの目標でもあります。

そこに自分にしか出せないエッセンスを加えていき、さらにオリジナリティのある絵が生まれてくるのだと思います。

月並見かもしれませんが、今描いている僕の絵の第一条件は「見た人が明るくなること」です。

 

それをモットーに、さらなるいい絵を描き続けてどんどん明るい輪を増やしていきたいです☺️


日誌

看板のお直し☆

こんばんは🌝

 

今日も良い天気でしたね😊

週末まではこんな感じの天気が続くって天気予報で言ってました。

週末もこのままでいて欲しいところですが、、、😬

 

さて、今日は隣町の高屋町造賀にあるログハウスのライダーズカフェ、

「koti-」さんの看板のお直しに行ってきました!

今月で1周年を迎えられたお客様に愛される素敵なカフェです✨

トップページ

国道375号線沿いにあるため、ツーリングをされる方などが多くご来店されるそうです。

もちろん地元の方やお車でのお客様も気軽にご利用されています☆

 

こちらのお店の看板を、開店前に描かせていただいておりました。

が、1年も経つと日当たりも良いため経年劣化により色が剥がれてしまった箇所が目立ってきていました💦

僕もよくお店の前を通るたびに気になっていたため、急遽お伺いさせていただき色を塗り直しました😊

before⬇️

 

after⬇️

綺麗に仕上がりました!✨(自画自賛)

 

保護用のスプレーもしっかり塗布したので、またしばらくはこれで安心かと☺️

またかすれてきたら、次は違う色なんかで遊んで見ても面白いね〜と店主さんとお話ししました😊💡

 

手描きの場合、印刷したものより耐久性が劣ったり、施工に時間がかかったりとデメリットもありますが、

手軽にデザインを変更したり色を変えてみたり一部描き足したりと、考え方によっては柔軟で小回りが効くというのは手描きの強みですね。

 

個人的に手描きの一番好きなところは、作品からぬくもりを感じるところです☺️

手描きのものには温度があります。

手描きのものからは、描いた人の集中力や細やかさが滲み出るのだと思います。

その丁寧な仕事を想像すると、誰にとってもその作品が愛おしいものに思えてくる気がするのです。

 

印刷物であっても、そのデザインに込められた想いや費やした時間などから同じように作り手の仕事ぶりを想像することもできます。

手描きのものは「そこ」にしかないもの、という付加価値がついてきます。

価値をどこに見出すか、によってどちらも良いものであることには違いありません。

どちらも場面によって必要なものなので優劣ということではないです。

 

僕個人としては今日、世の中が便利さ優位に偏りすぎてしまい、手描きの良さというものが風化しつつあるように思います。

今一度、敢えてひと手間かける意味、というものを手描きを通じて伝えていけたら良いなあ☺️と思っています。


日誌

妻のアトリエを作ろうパート2

こんばんは🌝

 

今日は暖かかったですね〜!というか、暑かったですね🌞

天気に振り回されているような、そんなこの頃。

 

今日は先々月から始まった「妻のアトリエを作ろう計画」の第2回です⚒

(前回の様子はこちら⇨https://www.sudou-zakka.com/blog/2542.html)

 

とは行っても、まだ始まってすらない状況(笑)

今回は、床の基礎を作る際に邪魔になる正面のアルミサッシを撤去しました!

扉の噛み合わせも悪く、毎回開けるのに苦労してました、、、

それを全部取っ払って、両サイドの壁もとっちゃいました!

こうしてみると、間口が広いですね〜!

この裏小屋では昔じいちゃんが収穫した野菜などを洗ったりしてて、そのために床に少し勾配がついてるんです。

今ある基礎を利用しながら、ここからやっと基礎のステージに移行できそうです😊

一体どんなアトリエになるんでしょう。乞うご期待です!☆

© 2021 スドウ雑貨店.
Top